園の特色

教育保育目標

「心豊かに、優しく・強く、自ら進んでできる人間の育成」

教育保育方針

1.キリストの愛の教えを教育の土台とし、子どもが互いに思いやり「愛する心・祈る心」を

培い、個々の発達段階に応じて活動できるよう、援助します。

2.子ども自身に内在する“自己教育力”に着目し、「自由・集中・秩序」ある適切な環境の中

で、子どもが主体的に取り組み、一人ひとりの豊かな「個性」の確立と自立をめざし

「モンテッソーリ教育」を取り入れた保育を実施します。

モンテッソーリ教育

自主的に取り組む環境として、モンテッソーリの教具や教材を用い、個々の興味と段階に応じて事自分で選び、満足するまで活動します。人格形成の基礎である幼児期の敏感期に意思の発達を助け、自立に向けて充実した時間を過ごします。

「モンテッソーリ教育」についてはこちら♪

縦割りクラス編成

家庭的な暖かい雰囲気の中で、各々の年齢に応じた成長とその良さが相互に活かされ、調和のとれた心身の発達を願って3歳、4歳、5歳の縦割りによる クラス編成です。(0・1・2歳児は横割り)

年齢別横割活動

同年齢同士の興味や関心事から起こる活動を発展させ、各年齢の発達段階に即した成長の充実を図るために横割活動の時間を定期的に組み入れています。

英会話・リトミック・運動の充実

各分野の講師の指導のもとに「SPPTIME(英会話)」「音楽会」「体操教室」を保育カリキュラムの中に組み入れ 、異文化に触れたり、音楽や運動に対して最も敏感な時期にあるこどもたちの可能性を探り、その成長を願って教育しています。

SPPTIME

体操教室

音楽会

シェアする

フォローする